トップへ戻る
永住ビザQ&A
技術ビザQ&A
人文国際ビザQ&A
興行ビザQ&A
投資経営ビザQ&A
技能ビザQ&A
留学ビザQ&A
家族滞在ビザQ&A
配偶者ビザQ&A
定住者ビザQ&A
オーバーステイQ&A
短期ビザQ&A
帰化Q&A
企業内転勤ビザQ&A
就学ビザQ&A
研修ビザQ&A
外国人登録Q&A
難民認定Q&A
国際結婚手続きQ&A
国籍Q&A

ビザ法務リンク
ビザに関わるリンク
ピックアップ。
ビザの法律
このサイトの使い方

"@visa ! ビザ・永住・帰化"は、法律系ポータルサイトの一つで、日本のvisa(ビザ)・永住・帰化を専門としている専門系法律ポータルです。ビザの法律がメインのコンテンツです。なお、日本以外のビザをお探しのかたは、リンク集をご覧ください。

 帰化について: 

1.サッカー選手と帰化。
 最近ですと、プロサッカー選手の帰化について、サッカー雑誌の編集部から取材を受けることもあり、帰化も身近な制度になって来つつあるのではないでしょうか。欧米等のサッカー選手もその国に帰化して、プレーし易くするようです。ただ、日本の帰化というのは、元の国籍を、原則として失うことを要件としていますので、元の国籍を維持したままプレーするということにはなりません。

2.帰化とは国籍取得です。
 帰化はアメリカで言えば、「市民権」の取得です。日本でも「市民権取得」という表現こそ用いないものの、根本的な趣旨は同じと言えるでしょう。アメリカでは、多種多様なバックグラウンド・パーソナルヒストリーを持つ人々が米国市民になります。米国の帰化は、帰化した人々が集まり、式典が催されることもあり、大変感動的なものです。他方、日本の帰化制度はまだ「可塑性」に富む制度であり、米国を参考にする部分がありましょう。日本の国籍取得制度は、今後、かなり変わってゆくことが予想されます。国籍を取得することは本来、素晴らしいものであり、いわば結婚式と同様なイメージを持っていただければと思います。

3.法律は通常、形式的に適用されます。
 法律というのは形式的な側面があります。たとえば、同じ日本人の子どもでも生まれた年度ないし時期によって、日本人になったり外国人になったりしていた頃がありました(今でもその影響が残っています。)。そういう場合でも法務局では、あくまで「外国人」として扱い、日常的には意識しないようなことや、プライバシー権(憲法13条)に関わるようなことを多く聞かれますが、これは厳格に法を適用しているだけですので、お気を悪くなさらないよう、お願いいたします。
ビザの基礎知識
パスポート(旅券)とビザの違い
不法就労
在留資格とビザ(査証)の違い
在留資格認定証明書
就労資格証明書
資格外活動許可と在留資格変更許可
在留資格申請不許可の対応方法
入国管理法上の刑事責任
オーバーステイと国際結婚
離婚後の在留資格
アメリカビザと日本ビザの比較法
アメリカビザ・総論
アメリカビザ・各論 B-1・B-2ビザ
アメリカビザ・各論 E-1・E-2ビザ
アメリカビザ・各論 Fビザ
アメリカビザ・各論 H-1Bビザ
アメリカビザ・各論 L-1ビザ
アメリカビザ・各論 永住権グリーンカード
アメリカビザ・各論 帰化・市民権
エッセイ
国籍の喪失
外国人雇用の方法(企業向け)
摘発・収容されたとき
行政書士が教える入国管理局
留学・就学と日本の教育機関

必要書類リスト
永住ビザ
技術ビザ
人文国際ビザ
興行ビザ
投資経営ビザ
技能ビザ
留学ビザ
家族滞在ビザ
配偶者ビザ
定住者ビザ
在留特別許可
短期ビザ
帰化
国際結婚手続き
企業内転勤ビザ
研修ビザ
書式ダウンロード
■写真集■
「入国管理局」
東京入国管理局
横浜支局
名古屋入管

大阪入管
神戸支局
入国管理・
国籍等判例
- 解説者へのお問い合わせ・雑誌等の取材はこちら - ENGLISH
このサイトは自由にリンクできます (>リンク方法と相互リンク)。Free Link
Copyrights (C) Kogawa, Minemitsu and its licensors. All rights reserved.