トップへ戻る
永住ビザQ&A
技術ビザQ&A
人文国際ビザQ&A
興行ビザQ&A
投資経営ビザQ&A
技能ビザQ&A
留学ビザQ&A
家族滞在ビザQ&A
配偶者ビザQ&A
定住者ビザQ&A
オーバーステイQ&A
短期ビザQ&A
帰化Q&A
企業内転勤ビザQ&A
就学ビザQ&A
研修ビザQ&A
外国人登録Q&A
難民認定Q&A
国際結婚手続きQ&A
国籍Q&A

ビザ法務リンク
ビザに関わるリンク
ピックアップ。
ビザの法律
このサイトの使い方

初級前ビザ講座「パスポート(旅券)とビザの違い。」

 パスポートはその国の国籍保持者に対して交付されるものです。したがって、日本国籍者には日本のパスポート、米国国籍者にはアメリカのパスポートが発行されます。この場合、パスポートの発給機関は、日本国籍者ならば、日本政府、米国国籍者ならば、アメリカ政府になります。
 これに対して、ビザは外国人に対して、入国を認容する意向の国の側が発行するものです。
したがって日本人がアメリカへ行くときは原則としてアメリカ政府発行のビザが必要です。他方、アメリカ人が日本へ来るときはその逆になります。
 もっとも、通常、日本人がアメリカへ行くときにビザは意識しません。それは、短期の観光程度ならば、査証免除の取極めが適用されるからです。しかし、ビザというのは本来、必要なのが原則です。
もし、日本人が気軽に観光目的と称して、アメリカへ行き、向こうで働いたら、以後永遠にアメリカへ入国できなくなる可能性があります。この場合、日本政府は一切、弁護することはできません。
また、アメリカは虚偽申請に特に厳しい国です。たとえば、「観光目的」と「結婚して同居する目的」は違います。もし、目的を詐称したら、基本的に米国へは入国できません。
そして、「ビザ」とはこの目的に応じて付与されるものです。
 このビザは簡単に発給されるものとそうでないものがあります。アメリカビザでも、永住ビザは、申請人の状況により、数年間も待つ場合があります。
 ビザはパスポートに押されるハンコやシールで表示されています。パスポートにはその所持人の出入国の履歴が表示されていますから、それを見れば、そのかたの出入国が分かるようになっています。
但し、出入国を頻繁に繰り返すかたのパスポートは多数の国のビザや証印で埋め尽くされて、しかも年月日の順番について、必ずしも時系列とページ順番が一致しないため、履歴の判別の時間がかかるときがあります。そのような場合、基本的に入国あれば出国あり、の原則により、入国に対応する出国の証印を探す等により、履歴を追跡したりします。
もっとも、入国審査官の懈怠等で証印は押されていないことも無いわけではありません。
 一口に「ビザ」と言っても、その位置づけは国により異なります。比較的、制度の似ている日本とアメリカでも、違いはあります。
 「ビザ」について、どのような種類や要件・効果を設けるかは基本的にその国の立法政策の問題です。たとえば、永住(ビザ)については、日本では結婚ですぐに取れるようなことはありません。配偶者ビザ等という段階を経て、申請することになります。他方、アメリカでは、解除条件は付きますが、婚姻で永住権が取れます。解除条件付き永住権か、停止条件付き配偶者ビザか、というような視点で見ると、法律家として理解が進む、かもしれません(つまり実体において近接する。)。
 なお、日本やアメリカ以外の国では、婚姻しても永住どころか、働くことすらできない場合があります。日本でもアメリカでも、婚姻は基本的に制限のない就労資格の付与を意味しますが、他の国ではそうではない場合もあるのです。
 以前、オーバーステイに関して、「パスポートを取ればオーバーステイは解消されますか?」というご質問をいただいたことがあります。その事案は、パスポートすらなかった事案だったのです。パスポートを得ただけではオーバーステイは解消されません。もし、パスポートがなくかつオーバーステイのときは、有効なパスポートないしそれに代替するものを取得し、かつ在留特別許可になります。そのプロセスは出身国により異なり、パスポートが得られないこともあり得ます。




- 解説者へのお問い合わせ・雑誌等の取材はこちら -
このサイトは自由にリンクできます。Free Link
Copyrights (C) Kogawa, Minemitsu and its licensors. All rights reserved.