トップへ戻る
永住ビザQ&A
技術ビザQ&A
人文国際ビザQ&A
興行ビザQ&A
投資経営ビザQ&A
技能ビザQ&A
留学ビザQ&A
家族滞在ビザQ&A
配偶者ビザQ&A
定住者ビザQ&A
オーバーステイQ&A
短期ビザQ&A
帰化Q&A
企業内転勤ビザQ&A
就学ビザQ&A
研修ビザQ&A
外国人登録Q&A
難民認定Q&A
国際結婚手続きQ&A
国籍Q&A

ビザ法務リンク
ビザに関わるリンク
ピックアップ。
ビザの法律
このサイトの使い方


研修ビザの法務Q&A
研修ビザの法務に関して、専門の移民法律家がQ&A形式でお答え致します。

Q1: 研修ビザとは、どのようなものですか?
A1: 研修ビザとは、本邦の公私の機関により受け入れられて行う技術、技能又は知識の修得をする活動(留学及び就学の活動を除く。)、のためのビザないし在留資格です。
 研修ビザも一般にはなじみのないビザでしょう。これは、元々は、国際間の技術移転を図ることを目的にしたビザです。

Q2: 研修ビザの要件(基準)は何でしょうか?
A2: 研修ビザは、以下が基準です。

一  申請人が修得しようとする技術、技能又は知識が同一の作業の反輪のみによって修得できるものではないこと。
二  申請人が十八歳以上であり、かつ、国籍又は住所を有する国に帰国後本邦において修得した技術、技能又は知識を要する業務に従事することが予定されていること。
三  申請人が住所を有する地域において修得することが不可能又は困難である技術、技能又は知識を修得しようとすること。
四  申請人が受けようとする研修が申請人を受け入れる本邦の公私の機関(以下「受入れ機関」という。)の常勤の職員で修得しようとする技術、技能又は知識について五年以上の経験を有するものの指導の下に行われること。
五  受入れ機関が実施する研修の中に実務研修(商品を生産し若しくは販売する業務又は対価を得て役務の提供を行う業務に従事することにより技術、技能又は知識を修得する研修をいう。以下同じ。)が含まれている場合は、第六号の二に定める研修を受ける場合を除き、当該機関が次に掲げる要件に適合すること。ただし、受入れ機関が我が国の国若しくは地方公共団体の機関又は独立行政法人である場合その他法務大臣が告示をもって定める場合は、この限りでないとされます。
  イ  研修生用の宿泊施設を確保していること(申請人が受けようとする研修の実施についてあっせんを行う機関が宿泊施設を確保していることを含む。)
  ロ  研修生用の研修施設を確保していること。
  ハ  申請人を含めた受入れ機関に受け入れられている研修生の人数が当該機関の常勤の職員の総数の二十分の一以内であること。
  ニ  外国人研修生の生活の指導を担当する職員(以下「生活指導員」という。)が置かれていること。
  ホ  申請人が研修中に死亡し、負傷し、又は疾病に罹患した場合における保険(労働者災害補償保険を除く。)への加入その他の保障措置を講じていること(申請人が受けようとする研修の実施についてあっせんを行う機関が当該保障措置を講じていることを含む。)。
  ヘ  研修施設について労働安全衛生法(昭和四十七年法律第五十七号)の規定する安全衛生上必要な措置に準じた措置を講じていること。
六  受入れ機関が実施する研修の中に実務研修が含まれている場合は、次号に定める研修を受ける場合を除き、申請人が次のいずれかに該当する外国の機関の常勤の職員であり、かつ、当該機関から派遣される者であること。ただし、申請人が本邦の機関が外国に設立することを予定している合弁企業若しくは現地法人の常勤の職員の養成を目的とする研修を受けるため当該本邦の機関に受け入れられる場合で当該合弁企業若しくは現地法人の設立が当該外国の公的機関により承認されているとき又は受入れ機関が我が国の国若しくは地方公共団体の機関若しくは独立行政法人である場合その他法務大臣が告示をもって定める場合は、この限りでないとされます。
  イ  国若しくは地方公共団体の機関又はこれらに準ずる機関
  ロ  受入れ機関の合弁企業又は現地法人
  ハ  受入れ機関と引き続き一年以上の取引の実績又は過去一年間に十億円以上の取引の実績を有する機関
六 の二 申請人が受けようとする研修が法務大臣が告示をもって定めるものである場合は、受入れ機関が次に掲げる要件に適合すること。
  イ  受入れ機関が第五号のイ、ロ及びニからヘまでのいずれにも該当すること。
  ロ  申請人を含めた受入れ機関に受け入れられている研修生の人数が当該機関の常勤の職員の総数を超えるものでなく、かつ、次の表の上欄に掲げる当該総数に応じそれぞれ同表の下欄に掲げる人数の範囲内であること。ただし、受入れ機関が農業を営む機関である場合については、申請人を含めた受入れ機関に受け入れられている研修生の人数が二人以内であること。


受入れ機関の常勤の職員の総数 研修生の人数
三百一人以上 常勤の職員の総数の二十分の一以内
二百一人以上三百人以下 十五人
百一人以上二百人以下 十人
五十一人以上百人以下 六人
五十人以下 三人


七  申請人が本邦において受けようとする研修の中に実務研修が含まれている場合は、当該実務研修を受ける時間(二以上の受入れ機関が申請人に対して実務研修を実施する場合にあっては、これらの機関が実施する実務研修を受ける時間を合計した時間)が、本邦において研修を受ける時間全体の三分の二以下であること。ただし、法務大臣が告示をもって定める場合は、この限りでないとされます。
八  受入れ機関又はその経営者、管理者、申請人の受ける研修について申請人を指導する者若しくは生活指導員が過去三年間に外国人の研修に係る不正行為を行ったこと(実務研修を含まない研修実施計画に基づいて受け入れた研修の在留資格をもって在留する者を実務研修に従事させたことを含む。)がないこと。
九  申請人が受けようとする研修の実施について我が国の国若しくは地方公共団体の機関又は独立行政法人以外の機関があっせんを行う場合は、営利を目的とするものでなく、かつ、当該機関又はその経営者若しくは常勤の職員が過去三年間に外国人の研修に係る不正行為を行ったことがないこと。


Q3: 研修ビザでお金をもらっていいですか?
A3: 「報酬」をもらうことはできません。但し、渡航費、滞在費等はもらえます。たとえば、家賃等はかまいません。なお、もし滞在するのに必要な以上のお金を受け取っているときは、「資格外活動」となりますし、退去強制及び刑事罰の対象になります。

Q4: 研修生(研修ビザでの在留者)に対して、研修手当て以外の賃金を支給した受け入れ機関はどうなりますか?
A4: その場合、「不法就労助長罪」(法73条の2)に問われることがありますし、以後は不正行為を行った機関として研修生の受け入れが認容されないことになります。さらには、研修に限らず、あらゆる外国人の招聘に際して、不利に斟酌されます。

Q5: 研修生にお小遣いを渡してもよいですか?
A5: 食費、教材費、お小遣い程度はかまいませんが、名目いかんを問わず、就労の対価と認定されるときは違法ですのでご注意ください。それらの金額等は事前に十分調査されたほうがよいでしょう。

Q6: 私は研修のビザで日本に来ていますが、外国人の友人から、働けるビザを持っている人は家族を呼べると聞きました。そこで、早速、本国の家族に電話して来日の準備を進めていますが、問題はないですよね?
A6: 人文国際ビザや技術ビザでは家族滞在ビザで呼べますが、研修ビザでは呼べません。研修ビザも事実上は「働く」状態にはなるわけですが、あくまで「研修」であることから、家族は呼べないことになっているのです。但し、短期ビザで一時的に呼ぶことは可能です。

Q7: 研修ビザと似たものに「技能実習制度」というものがあると聞きました。それは何でしょうか?
A7: 研修生が研修を修了したあとに、就労することを認める制度です。
機械・電気関係、繊維関係、建設関係、等において認容されています。

Q8: 「技能実習制度」を利用するにはどうすればよいですか?
A8: 手続き的な要件としては、研修の終了前に、「研修」の在留資格から、「特定活動」の在留資格への在留資格変更許可申請が必要です。

Q9: 研修生を受け入れる側としては、どのようなことに注意するべきでしょうか?
A9: これは研修生に限りませんが、一般に外国人を受け入れるときは、まず、食事についてそれぞれの出身国の事情を考慮に入れる必要があります。また、アジア諸国出身の場合、日本の戦時中の話題に注意する必要があります。そして、直接の担当になる日本人従業員にはこうした留意点につき、周知徹底を行っておく必要があります。
さらに、外国人側に対しては、予め、日本の生活習慣について、十分な説明を行っておくべきです。たとえば、ゴミの捨て方、お風呂の入り方、クーラーの使い方、病気になったときの対応方法、などです。それから、研修生は労働力の代わりではないことに留意が必要です。

Q10: 私は研修中ビザで来日中ですが、本国の父が危篤であるとの知らせが来ました。ビザの手続きはどうすればいいですか?
A10: 受け入れ先の会社等に伝えて一時帰国の同意を得てください。そして、必ず、入管で再入国許可を申請してください。再入国許可を得ないで出国すると、今ある研修ビザは無効になります。

Q11:社内で「勉強」させる目的で短期滞在で招へいすることは可能ですか。
A11:可能な場合はあります。但し、「勉強」させる目的での短期滞在と「研修」の在留資格の区別は非常に微妙な場合があります。

2005Jul22
- 解説者へのお問い合わせ・雑誌等の取材はこちら -
このサイトは自由にリンクできます。Free Link
Copyrights (C) Asahi Tokyo Law Office. All rights reserved.